有精卵を使った茶碗蒸し!冷蔵庫の残り物を使っておいしくつくってみた!

料理のレシピとコツ

有精卵を使った茶碗蒸し!冷蔵庫の残り物を使っておいしくつくってみた!

投稿日:2017年2月12日 更新日:

Pocket

有精卵を使った茶碗蒸し!冷蔵庫の残り物を使っておいしくつくってみた!】

茶碗蒸しって、寒い冬にはなぜか食べたくなるメニューですよね~。スーパーで数種類は必ず置いてありますよね~。私も冷蔵庫にはかならずストックしておく食品です。たまに自分の働いている養鶏場の生みたてのたまご(有精卵)を買ってきて、冷蔵庫の残り物で作ってみたりもします。つくりたてもいいですよね~。

*有精卵....ヒナが孵るたまご。

では早速トライ!!

スポンサーリンク

 

茶碗蒸しの材料(一人分)

 

たまご一個,小ねぎ(刻んだもの)少々、海老(観音開きしてしっぽも取った状態)一尾、かまぼこ(三ミリぐらいに切った状態)2枚、出し汁(水100ccの中にほんだし 適宜、塩・しょうゆ・みりんは ほんの少しずつ)。

スポンサーリンク

作り方

たまごを割ります。割るときはコツンと台にぶつけて、そのあとひびが入るのですぐ両方のおや指でひびの真ん中あたりから開いてください。きれいに割れますよ。

フォークでよく混ぜます。(ここで、濾すのもいいですね)

出し汁を入れま~す。

ざっくり混ぜてから注ぎ口のある容器に移し替えます。

具材が入った器に先ほどのたまご液を入れます。

器に全部入りました。

ここから蒸す用意をします。

なべ底が深いフライパンで(なければ鍋でもOK)器が入ったときに器の底に浸かるぐらいの水を入れます。

こんなかんじ。その上にわり箸を割った状態のを2本平行に並べます。

その上にたまご液が入った器を乗せます。

銀紙でふたを作ります。(ふたがある方はそのまま使ってください)

火を中火にし、沸騰してきたら少し弱火にして10~15分蒸します。10分ぐらいたったところで、ふたを外し、箸のとがったところで器を刺してみて先の方まで熱く感じたら、火を止めます。

出来上がり!!

いただきま~す。あつッ!是非作ってみてください!

 

最後に

ところで、茶碗蒸しは冷めると、水分が出てきます。でも、栄養たっぷりの汁なので一緒にすくって食べるのもいいですよね~。

具材ですが、たまたま冷蔵庫の余りものでつくりましたが、ネットをみるとみつば・鶏肉・銀杏などいろいろと皆さん、工夫されていて見てて、ホントにバラエティに富んでいますよね~。また健康食品のコラーゲンの粉、こちらも少し入れてみるのもいいですね。美容にどうでしょうか(^^)。

スポンサーリンク

-料理のレシピとコツ
-

Copyright© たまごの豆知識&プリンレビューブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.