酢卵の効果とは?5日間でできる!簡単な作り方

手作り

酢卵の効果とは?5日間でできる!簡単な作り方

投稿日:2017年2月12日 更新日:

Pocket

酢卵の効果とは?5日間でできる!簡単な作り方

酢たまごってご存知ですか?どこかで聞いたことはありませんか?テレビで雑誌でごくごくたま~に紹介していますけど、あまりポピュラーなものでもないし、酸っぱいし、想像しただけでも飲めるかな~なんておもいますよね~。これから作り方を紹介しますが、簡単ですのでお手軽なサプリメントとして飲んでもよし、調味料としてもよしで、是非、試してください!!^^

スポンサーリンク

材料は

たまご一個、米酢180CC、保存ビン。

 

作り方は

保存ビンの中にたまごを丸ごと入れます。そして5日間、冷暗所で放置しておきます。

 

一日目、徐々に殻の部分が解けていく~泡もいっぱいに広がっていますね~。

2日目、少しずつ、泡が増えています。

5日目、ビールのように泡がすごいことに!!たまごにも気泡がいっぱい!ではこれからこのビンの中身を濾していきましょう!

まず、ビンの中の膨らんだたまごの薄皮をフォークなどでそっと穴を開けそこからするっと取ります。

取った後の状態。これをフォークでまんべんなくかき混ぜていきます。

はい、こんな感じです。少しラップして落ち着かせます。

こし器で濾します。

すべての工程がおわりました。

先ほどの濾した酢たまごを保存ビンに移しかえます。

大さじ2杯(30CC)をコップに入れます。

はい、いただきま~す。とここまでは、いいのですがたぶん、飲みにくいんじゃーないかとおもいます!そのときは、本みりんを少し入れてみるとか、牛乳をいれるとか、水でうすめて飲んでもかまいません。

 

酢卵の成分

たまごの殻は炭酸カルシウムでできています。そして酢に溶けることによって、酢酸カルシウムになります。酢酸カルシウムは体内に栄養として溶け込みやすい性質をもっています。たまごの中の必須アミノ酸も豊富に入っています。一日、大さじ2杯ぐらいが目安ですね。また、塩、こしょう、みりん、オリーブ油を入れてサラダドレッシングにしてもいいですし、マヨネーズに加工してつかってもいいですね。

米酢以外にもおすすめの酢

りんご酢はビタミンCが豊富に入っています。黒酢は女性特有の鉄不足の方におすすめです。どちらも米酢の作りかたと一緒で、飲み方も同じ量です。是非やってみてください!

スポンサーリンク

-手作り
-

Copyright© たまごの豆知識&プリンレビューブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.